代表挨拶

「故郷復興への想い」

 平成23年3月11日、未曾有の災害が東日本を襲いました。当時、南相馬市小高区に在住していた私も、着の身着のままでの避難せざるを得ませんでした。家族ともども新潟県湯沢町へ避難し、変わり果てた故郷をテレビや新聞で知らされる日々を過ごしていました。
 ある時、突如自分自身に衝撃が走りました。「何か変だ。被災した我々が率先して復興に取り組まずに誰がやる!」そんな思いで立ち上げたのが相馬建設株式会社でした。
 そんな東日本大震災より5年の月日が経ちました。国ではこの先、5年間を「復興・創生期間」と題し、更なる被災地の復興・再生に全力で取り組むとあり、現に「避難指示の解除」に踏み込む市町村が相次いでおります。
 しかしながら、実態としてはどうでしょう。避難した住民が故郷に戻ることを諦め、避難先で新たな生活を余儀なくされているのが殆どです。理由は明確で、被災者の不安要素を払拭しきれていないからです。放射性物質もさる事ながら、インフラ等の社会基盤や生活する上での医療・介護・教育環境等々。
 私どもは、「出来る事から着実に」を合言葉に「雇用創出こそ復興の第一歩」と考えております。この先、除染やインフラ整備等を含めた事業はもちろん、放棄された農地を有効活用した農業、残された高齢者へ対する介護支援なども視野にいれ、本当の意味での復興・再生を実現させることが我々の使命だと考えております。